長年の勤務期間を終え、先日遂に定年退職いたしました。老後の楽しみは風俗と決めていたので、その体験談を紹介します。

風俗はデリヘルで価値観が変わった

それまでは風俗ってそこまで魅了されているって程ではなかったんです。嫌いって訳でもなく、単純に男として楽しんでいる。本当にそれ以上でもそれ以下でもないって感じだったんですけど、デリヘルとの出会いのおかげで自分自身の風俗観のようなものが変わりましたね。デリヘルを利用してから、風俗ではどうやって楽しむべきなのかが解ったというか、ただ抜ければ良いってだけではないんだなって事に気付かされました。抜くのも含めて女の子と楽しむ。これこそが醍醐味なんですよね。それまで抜いてもらう事ばかりに執着してしまっていたんですけど、実際はそうじゃないんです。女の子とどうやって楽しむのかこそ、実は隠れたテーマでもあったんですよね。それに気付かされてからは自分の中で本当に価値観そのものが変わりましたね。だからか、それに気付いてからの時間は常に楽しいものになっていますし、それまでとは満足感が桁違いのものになっていますよね。

狭い部屋のが風俗は燃える

風俗を何度も利用していて気付いた事があります。それは、風俗は狭い部屋の方が楽しめるって点です。狭い部屋の方が密着度が高まるんです。その方が自分自身の興奮度もかなり高いし、全然楽しいんですよ。それに気付かされたのはレンタルルームを使った時です。デリヘルって場所が自由じゃないですか。それで風俗の総額を抑えようって思ってラブホテルではなくてレンタルルームにしたんです。そこは正直あまり部屋が広くはありませんでした。でもそれがかなり良かったんです。狭いおかげでかなり密着したし、相手との距離感も自分が努力とかする事なくとも勝手に近づけるんですからね。これは素晴らしい発見だなと(笑)広い部屋での伸び伸びとしたプレイも素晴らしいものだとは思うんですけど、狭い部屋でお互いがちょっと窮屈に感じるくらいの方が相手の子の肌触りなんかも楽しむ事が出来るので、そっちの方が良いんじゃないかなって思うようになってきましたね。

風俗は自分と相談する

どんな頻度で風俗を利用するかって言ったらやっぱり自分と相談してって感じになりますよね。自分のコンディションとか懐事情とか(笑)さすがにお金が無い時に風俗をって思っても実際に楽しむ事は出来ないですし、体調があまり良くないとせっかくの女の子との時間でも100%の満足って訳にはいかなくなっちゃうケースとかもありますからね。だから自分の体調だとか、本当に自分次第ですね。あと、自分が何となく利用する頻度が多いなって思ったのは週末ですね。きっと次の日の事を気にする事なく楽しめるからなんじゃないかなって思っています。次の日の事を考えると、遊んでいないで早く家に帰って寝ようって気持ちになってしまうんですけど、週末であれば次の日の事を考える必要がないですから、思う存分自分自身で弾ける事が出来るんじゃないかなって思っています。それに、多少時間が延びても週末であれば特に支障をきたすような事だってないんですから。

美人と楽しむなら風俗

美人って存在は男にとって特別なものだと思うんですけど、美人と心行くまで楽しめるのが風俗ですよね。今の風俗嬢って本当に美人が多いですからね。自分自身、かなり驚かされる事もあるんです。これだけの美人と楽しめるのか?って。本当に嫌味とかではないんです。あれだけの美人と楽しめる。しかもただ話すとかではなくて、相手の体をしっかりと堪能する事が出来るし、さらには満足までさせてもらえるんです。これだけの事を楽しめるのって風俗くらいしかないんじゃないかなと。自分のお気に入りの子も、最近でこそ慣れてきましたけど初めて見た時は本当に美人で間違えて自分の部屋に来てしまった子なんじゃないかって思いましたからね。でも、雑誌とかホームページを見てみると、そんな彼女に勝るとも劣らない子がたくさんいますからね。今の時代は何かと辛い事も多いですけど、風俗だけに関しては良い時代になったものだなって思うのは男の本能でしょう(笑)
こちらの風俗体験談ブログも人気です。
風俗マル秘ノート